小規模事業者持続化補助金とは?

小規模事業者持続化補助金は、 小規模事業者が直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大等)等に対応するため、小規模事業者が行う販路開拓や生産性向上の取組に要する経費の一部を支援する制度です。

補助金申請プロサポート|補助金の申請代行ならお任せください 小規模事業者持続化補助金
正式名称小規模事業者持続化補助金
補助金額の上限一般型:50万円
低感染リスク型ビジネス枠:100万円
補助率一般型:2/3
低感染リスク型ビジネス枠:3/4
補助目的小規模事業者が直面する制度変更(働き方改革や被用者保険の適用拡大等)等に対応するため、小規模事業者が行う販路開拓や生産性向上の取組に要する経費の一部を支援する制度です。
補助対象機械装置等費、広報費、展示会等出展費、旅費、開発費、資料購入費、雑役務費、借料、専門家謝金、専門家旅費、設備処分費、委託費、外注費
補助事例・宿泊業(新規宿泊サービスを始めるための施設改装費・宣伝費)
・技術サービス業(新規ドローン導入費)
・養鶏業(新規商品開発費、広告宣伝費) 等
▶補助事例はこちらから検索できます。
募集期間一般型:2022年2月4日(金)必着(7次締切)
低飛散リスク型ビジネス枠:2022年 1月12日(水(第5回受付)※募集期間終了
関連サイト補助金概要はこちら:ミラサポ(経済産業省・中小企業省)
事例検索はこちら:事例ナビ(中小企業応援サイト)
詳しい解説はこちら:日本商工会議所

1.小規模事業者持続化補助金の補助金額の上限と補助率は?

以下の通りとなっています。
一般型:補助上限50万円 補助率2/3
低感染リスク型ビジネス枠:補助上限100万円 補助率3/4

2.小規模事業者持続化補助金の申請の要件は?

商工会議所の管轄地域内で事業を営んでいる「小規模事業者」及び、一定の要件を満たした特定非営利活動法人です。
詳しくは日本商工会議所ホームページにてご確認ください。

3.小規模事業者持続化補助金の具体的な補助事例・補助対象とは?

新規販路獲得のためのチラシ作成、ウェブサイト作成、商談会への参加、店舗改装等が小規模事業者持続化補助金の対象で、下記のような事例があります。
・宿泊業(新規宿泊サービスを始めるための施設改装費・宣伝費)
・技術サービス業(新規顧客獲得のためのドローン導入費)
・養鶏業(新規顧客獲得のための商品開発費、広告宣伝費)

4.補助金申請プロサポートでの採択実績について

全国での採択率が70%前後と言われる中、補助金申請プロサポートで支援した小規模事業者持続化補助金については採択率が89%となっています。(2022年3月現在)
これまでに9件の申請を代行し、8件が採択されました。

5.小規模事業者持続化補助金のコンサルティング料金は?

初回のコンサルティングは無料です。
無料コンサルティングを行った後、補助金申請プロサポートによる申請支援をご希望される場合には、業務着手金は5万円をお支払いいただきます。
申請が採択されれば、成果報酬として採択金額の15%〜20%(最低10万円~)をお支払いいただきます。

6.小規模事業者持続化補助金の申請の流れは?

まずは無料コンサルティングをお申込みください。
その後、申請支援をご希望される場合には、ご契約の上、着手金をお支払いただき、補助金申請プロサポートによるサポートを開始します。
成果報酬については申請が採択された段階でお支払いいただきます。

7.無料コンサルティングとは?

補助金申請プロサポートでは「これから展開する事業に補助金が活用できるか専門家に相談したい」「今の事業の中で、補助金が使えるかどうか専門家に相談したい」「補助金のことよく分からない」という様々なお悩みに対し、無料にてコンサルティングを実施しております。
これまでに蓄積された専門家としての知見やノウハウを基にした適切なコンサルティングを実施したしますので、お気軽にご相談下さい。

最新の補助金情報を発信しています

お問い合わせ

Webからのお問い合わせ
24時間受付

電話でのお問い合わせ
9:00-18:00(土日・祝日を除く)